ECC Venice Architecture Biennial Time Space Existence 2021

BIENNALE DI ARCHITETTURA
Brand
1110 design
Designer
Hiroto Kawaguchi
L'evento appartiene a
Fuorisalone Japan

MITの学部長であるHashim Sarkisは、次のヴェネツィア建築ビエンナーレ「私たちは一緒に暮らしますか?」と題しました。ディレクターは言った「私達は新しいスペース契約を必要とします。政治的分割の拡大と経済的不平等の拡大の文脈において、私たちは寛大に一緒に住むことができるスペースを想像するように建築家を招待します。」

ヨーロピアンカルチュラルセンターはは、ヴェネツイアビエンナーレと並行して開触媒される広大な隔隔年建築展「TIME-SPACE-EXISTENCE」の次のエディーシストを

私のたの2020建築展は再び、ヨーロッパとイタリアの文化センター、パラッツォモーラ、パラッツォンボン、ヴェネツィィアの2つのパブリッコールスガバ

合計で、3000平方メートルを超える展示スペースと6000平方メートルの屋外を使用します。私たちの展覧会は60万人以上の来場者すべてに無料で入場できます。

建築家の視点から、現在の発展、考え、アイデア、そして夢さえも見せたいと思います。私たちは、文化的背景が異なり、キャリアのさまざまな段階にある建築家の国際的なグループを結集します。世界中の他の大学、研究センター、写真家との対話において、確立された建築家と共にその仕事があまり知られていない可能性のある建築家。

どうぞよやろしくお願いいたんします。ただし、当たる展示会は非営利のイベントであのり、来場者の入場は無料とかさんせいてるいたんだいてるおのりますので、一切の費用を負担すてることかはできませいありません。

https://ecc-italy.eu/exhibitions/upcoming

Continua a leggere...
 
Indirizzo e contatti

大阪、日本

Contatta via email
Vai al sito